収益物件購入の際のポイント|仲介会社のサポート体制にも注目

ウーマン

低額で投資を始める

模型

不動産投資は安定した収入が毎月入ることから、老後のために始めるという方が増えています。不動産投資に掛かる費用は高額になりがちなのですが、みんなで大家さんのように複数名で投資するタイプを選べば費用を抑えることができます。

Read More..

空室が出ても心配ない

財布を持つ人

不動産投資で収入を得るためには、所有する物件に入居者がいなければなりません。しかし、不動産会社に一括借り上げをしてもらっておけば、入居者がいなくても不動産会社から家賃を得ることができるのです。

Read More..

空き家にするより安心

インテリア

マイホームを購入したあとでも、転勤が決定する可能性はあります。転勤先にいる期間が決まっているのであれば、リロケーションを利用して、留守中の自宅を貸し出すのがおすすめです。

Read More..

入居者目線で選ぶ

ビル

若いうちは体力があり、どんどん働くことができますが、年を重ねるとそうはいかなくなってきます。体力的に働くことが難しくなったときに、何の対策もしていないと年金がもらえない限りは無収入となってしまうでしょう。このような事態を避けるために有効なのが、不動産投資であると言えます。収益物件を購入しておくことによって働かなくても定期的に収入を得られるので、将来の安心のために始める方がとても多いです。収益物件とはその名の通り、収益を得ることのできる物件であり、入居者からの家賃を収入とすることができるというものです。株式やFXなどに比べるとリスクが低いと言われており、ローリスクミドルリターンの投資であるとされています。しかし、よく考えて収益物件を購入しないと、入居者が入らずに収入を得ることができないという事態に陥る可能性があるのです。例えば、収益物件の購入費用を抑えることばかりに注目して、立地や設備をないがしろにすると空室が続く原因となるでしょう。多少購入費用が高額であっても、入居者目線で魅力のある物件を選べば、長い目でみてプラスになる可能性が高いのです。また、収益物件の仲介会社選びも重要なポイントのひとつと言えます。特に初心者の場合には、サポート体制が手厚いことや親身になって相談に乗ってくれる会社であることが大切です。仲介会社のサポートは、その後スムーズに不動産経営を行なえるかを左右しますので、初心者の方はサポート体制に注目して仲介会社を選ぶとよいでしょう。